元ゴールドマン社長が国際的な仮想通貨はビットコイン以外の通貨になると発言
   公開日 : 2018/05/09

元ゴールドマン社長が国際的な仮想通貨はビットコイン以外の通貨になると発言

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!
1.元ゴールドマン社長が将来的な仮想通貨のグローバルスタンダードはBTC以外の通貨と発言
2.ビットコインの価格はマイニングのコストや電気料金によって決定されているとコメント
3.同氏はビットコイン信者ではないものの、ブロックチェーンテクノロジーには肯定的

引用元:CNBC

元ゴールドマンサックスの社長兼最高執行責任者であり、元米国経済会議委員長であるGary Cohn氏が将来的に仮想通貨はグローバルスタンダードになるが、それはビットコインではなく、より簡単に理解できる別の通貨だと発言したCNBCが8日に報じました。

コーン氏はブロックチェーンに可能性を見出すも、ビットコインは支持しない考え

コーン氏はCNBCに対して、「将来的にある仮想通貨がグローバルスタンダードになるだろう。しかし、それはビットコインのように電気料金やマイニングのコストに基づいて価値が決定されるものではなく、世界が価値を理解できるものになる」と自身の考えを述べました。

ビットコインはマイナーのコンピューターの処理能力を使ってトランザクションを処理することで報酬を得られるProof of Work(PoW)と呼ばれるシステムによってコミュニティが成り立っています。

去年の10月にはビットコインのマイニングに毎日56万KWh(約7.3億円相当)の電力が使用されているという統計が発表されました。

コーン氏は自身はビットコイン信者ではないが、ブロックチェーンテクノロジーには可能性を感じているとし、仮想通貨とブロックチェーンの将来に関して以下のようにコメントしました、

 

それはより簡単に仕組みや成り立ち、用途が理解できるものになる

コーン氏はゴールドマンサックスがビットコインのトレードデスクを開くというニュースについて聞かれると、「彼らは株主がもっとも興味を持っていることに尽力すべきだ」とコメントしました。まだ、同氏はゴールドマンサックスの株を一切保持していないことも明かしました。

また、コーン氏はBloombergに対して、デジタルかつ既成の枠組みにはまる銀行の新設を検討しているとコメントしました。

kaz
やはりウォール街でも仮想通貨ブームが起きている

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事