アーネストアンドヤング(EY)がイーサリアムを活用したワイン取引プラットフォームをローンチ
   公開日 : 2019/11/14

アーネストアンドヤング(EY)がイーサリアムを活用したワイン取引プラットフォームをローンチ

shimada

Takahiro

CryptoTimes リサーチャー| 数理的アプローチから暗号資産市場のリサーチをしています。特に現在では、仮想通貨界隈での話題を統計学で解明することやマイニング産業のリサーチをしています。 数理統計学を専門にすべく大学院進学の勉強中

会計・税務などのサービス業務大手として知られるEY(アーネストアンドヤング)は14日、イーサリアムブロックチェーンを活用したワイン取引プラットフォーム「TATTOO WINE」をローンチしました。

TATTOO WINEプラットフォームは、取引されるワインのサプライチェーン管理、さらには原産地や原材料などの情報をブロックチェーンで管理できるプラットフォームです。

同プラットフォームで管理される全てのワインにはQRコードが押されており、利用者はそのQRコードを読み取ることでワインの詳細を知ることができます。

プラットフォームで使用されるトークンはイーサリアムの非代替型トークン規格(ERC-721)であるため、商品個々の情報追跡ができるメリットもあります。

記事ソース: Wine marketplace developed by EY launches on Ethereum blockchain

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事