米フェイスブック、仮想通貨やICOに関する広告を禁止へ
   公開日 : 2018/02/01

米フェイスブック、仮想通貨やICOに関する広告を禁止へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

 

この記事の3つのポイント!

  1. フェイスブックで仮想通貨・ICOに関する広告を禁止
  2. バイナリーオプションも禁止
  3. 悪質・射幸心を煽る広告がとても多かった事が原因

引用元:https://www.facebook.com/business/news/new-ads-policy-improving-integrity-and-security-of-financial-product-and-services-ads

米フェイスブック社は本日(2018年1月31日)に新しい広告ポリシーを発表。

※引用元:https://www.facebook.com/policies/ads/prohibited_content/prohibited_financial_products_and_services

ポリシー

バイナリーオプション、ICO、仮想通貨に関する誤解を招くような広告や、実態と異なる詐欺のような内容の広告の掲載を禁止する。

  • 「バイナリーオプションを始めて、無料のトレードボーナスを受け取る!」
  • 「世界の誰とでもすぐに決済ができるリスクのない仮想通貨はこちら!」
  • 「新しいICOです!今すぐ購入して15%の割引を受けましょう!」
  • 「あなたの退職金を使ってビットコインを買いましょう!」

皆様にはFacebookの広告を通じて、新しい商品やサービスを見つけて欲しいと願っております。しかし、現在は誠実とは言い難い方法でバイナリーオプション、ICO、仮想通貨の宣伝を行っている企業が多く存在しています。

edindin
陰キャで友達の居ない私にはFacebookとか関係ありませんね
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事