印大手Eコマース「Flipkart」がMeta・Polygonと提携 | メタバースでNFT展開か【現地メディア報道】
   公開日 : 2022/09/25

印大手Eコマース「Flipkart」がMeta・Polygonと提携 | メタバースでNFT展開か【現地メディア報道】

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

印大手Eコマース企業Flipkart(フィリップカート)が、Meta(旧Facebook)とPolygonと提携し、メタバース空間「Flipverse」を立ち上げ予定であると現地メディアが報じました。

報道によるとFlipverseでは、

  • ゲーム
  • コンテスト
  • ドロップ
  • NFT
  • ブランドのアクティベーション
  • プロダクトの発売
  • ミステリーボックス

等の機能やプロダクトが提供される予定となっており、ユーザーはモバイル・PCの両方でアクセスが可能となります。

2007年にAmazonの元社員サチン・バンサルとビニー・バンサル氏によって節立されたFlipkartは、2018年に世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」によって75%以上の株式が取得されました。

以降ウォルマートの傘下となった同社は、2019年の収益として4361億ルピー(約7600億円)を記録。2021年には企業評価額376億ドル(約4兆1360億円)でソフトバンクグループやテンセントから約4000億円の出資を受けています。

Flipkartは今年4月にWeb3ソリューションの構築を目的としたFlipkart Labsを設立し、NFT、仮想店舗、P2E、その他ブロックチェーン技術を含むWeb3.0のユースケースをメタバース空間でテストするとしています。

昨今、既存の大手企業によるメタバース参入事例が増加傾向にあります。CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』では、『メタバース × NFTに参入するための 問題解決と活用事例』を現在無料で公開中です。

記事ソース:BloombergThe Decrypting StoyBusinessToday.In

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事