Freewalletが手数料無料のRipple( $XRP )ウォレットをリリース
   公開日 : 2019/01/25

Freewalletが手数料無料のRipple( $XRP )ウォレットをリリース

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

300万人を超える利用者を抱えるFreewalletは、同社のマルチ通貨ウォレットがRipple(XRP/リップル)に対応したことを発表しました。合わせて、Ripple単体に対応したウォレットアプリをAndroid向けに提供開始しました

Freewalletは2016年に初めて公開された仮想通貨ウォレットで、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)など30種類を超える仮想通貨に対応したマルチ通貨ウォレットとなっています。2019年の時点ではiOSで9種類のウォレット、Androidで21種類のウォレットが公開されています。

Freewalletは現在iOS、Androidおよびウェブにて利用可能となっており、利用者は今後保有するXRPを保管することができます。FreewalletではXRPのトランザクションが瞬時に生成可能な他、手数料は無料となっています。

利用者はXRPを保管するだけではなく、Freewalletがサポートしている30種類以上の通貨と交換することも可能になります。また、将来的にはアプリ上で法定通貨を用いてXRPを購入できる機能を実装するとのことです。

Freewalletの広報担当者であるSolomon Brown氏は以下のように述べています。

「私たちは2019年に突入し、Rippleウォレットをローンチした。これは私たちにとっても、ホルダーにとっても良いことだ。私たちは常にサービスを新しい方向へと改善しようとしており、時価総額第2位の仮想通貨を追加するという事は大きな一歩である。RippleがEthereumの時価総額を追い抜いたという事には何かしらの意味があると思わないかい?現時点で私たちのウォレットは時価総額トップ10通貨のうち9つをサポートしている。そして、もちろん最終的には全てをサポートするつもりだ。」

記事ソース: Freewallet

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事