bitFlyer,QUIONEなど仮想通貨交換業登録業者5社に対して業務改善命令へ
   公開日 : 2018/06/19

bitFlyer,QUIONEなど仮想通貨交換業登録業者5社に対して業務改善命令へ

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

ct analysis

金融庁は、仮想通貨交換業者である、bitFlyerやQUIONEなど5社以上にマネーロンダリング(資金洗浄)対策を含む内部管理体制に不備があることから、業務改善命令を週内にも出す方針を固めたようです。

今回の業務改善命令が入る業者は、すべてが改正資金決済法に基づく登録業者になり、下記の5社とされています。

  • bitFlyer
  • QUOINE
  • bitbank
  • BitPoint
  • BTCBOX

金融庁が実施した検査の結果によると、仮想通貨の取引拡大に照らして従業員が足りなかったり、資金洗浄など犯罪に絡んだと疑われる取引の確認がずさんだったり、内部管理体制の問題が相次いでみつかったことを指摘しています。

今後、3月にシステム管理態勢の不備に伴い業務改善命令を出したテックビューロやGMOコインに対する2度目の処分も視野に入れているようです。

記事ソース : 日経新聞

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事