FTX US、シリーズAでソフトバンク等から約456億円の資金調達を実施
   公開日 : 2022/01/26

FTX US、シリーズAでソフトバンク等から約456億円の資金調達を実施

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

暗号通貨取引所FTX USがシリーズAでソフトバンクグループやシンガポール政府が所有する投資会社テマセク・ホールディングスらから4億ドル(約456億円)の出資を受けたことがわかりました。

今回の出資には、ParadigmやMulticoin Capitalも参加しており、FTX USの評価額は80億ドル(約9127億円)とされています。

FTX USの社長を務めるブレット・ハリソン氏は、今回の件に関して下記コメントを残しています。

“「今回の資金調達は、米国における暗号通貨取引所の最大の競合相手としての地位を正式に確立し、今後も急速に事業を拡大していくことを世界に向けて発信することを意味しています。-引用元:REUTERS」”

FTX USは今回調達された資金を使用して新しいビジネスラインを立ち上げ、戦略的な投資と買収を検討する予定です。

本家FTXは、昨年7月にシリーズBで9億ドル(約1000億円)を調達しており、その際もソフトバンクは出資に参加しています。

ソフトバンクは昨今、ブロックチェーン・暗号通貨領域への投資を積極的に行っており、昨年9月には、サッカーNFTファンタジースポーツ「Sorare」に対する資金調達をリードし、合計6億8000万ドル(約745億円)の資金調達が行われました。

記事ソース:REUTERSCoindesk

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事