グローバル・ブレインがセキュリティトークンプラットフォームのSecuritizeに出資
   公開日 : 2019/09/26

グローバル・ブレインがセキュリティトークンプラットフォームのSecuritizeに出資

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインは25日、運営するファンドを通してセキュリティトークンのコンプライアンスプラットフォーム「Securitize」に出資を行ったことを発表しました。

Securitizeは証券をブロックチェーン上で発行するためのプラットフォームで、法令の遵守に重点を置いたセキュリティ・トークン・オファリング(STO)事業を提供しています。

同社はPolymathやOWN、Harborなどと並ぶセキュリティトークン発行プラットフォームとして近年注目を集めています。

グローバル・ブレインが運営するファンド「31VENTURES」と「KOIF3号」は、運用総額が合計で250億円となっています。

記事ソース: PR TIMES

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事