GMOコインが $BAT (BasicAttentionToken)の取扱いを発表
   公開日 : 2020/03/18

GMOコインが $BAT (BasicAttentionToken)の取扱いを発表

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

GMOコインが3月18日より、同社が提供する販売所内にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱開始を発表しました。

日本の取引所にて新規通貨の上場はCoincheckに上場したStellar,Qtumに次いで3番めの上場となります。現在もLINEグループのLVCが提供するLINKトークンの取り扱いも含め、今後も更に新規通貨の上場が期待できそうです。

BATはプライバシー重視の次世代型ブラウザBraveで利用されるユーティリティトークンです。

Braveブラウザを利用すると、広告をブロックし、代わりにBraveが表示する広告を見ることでBATが受け取れる仕組みになっています。日本では、Braveを利用してもBAPというBATと同等のポイントしか受け取ることができませんでした。今回のGMOへの上場でこの対応に関しても変わる可能性があります。

Brave Software社は今月10日にBATをAirBnbやAmazonで利用できるギフトカードに交換するサービスも発表しています。

関連記事 : Braveブラウザは稼げる次世代高速ブラウザ!特徴・評判・使い方を徹底解説

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事