博報堂がブロックチェーン技術を活用したテレビ番組用プラットフォームのライブ配信機能を新たに搭載
   公開日 : 2021/01/26

博報堂がブロックチェーン技術を活用したテレビ番組用プラットフォームのライブ配信機能を新たに搭載

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

博報堂グループが、ブロックチェーン技術を活用したテレビ番組のファン育成プラットフォーム「LiveTV-Show」に三社で開発した独自のライブ配信機能を新たに搭載しました。

LiveTV-Showは株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」と株式会社博報堂DYメディアパートナーズが、2019年12月にSingulaNet株式会社と共同で構築したプラットフォームです。

ライブ配信機能は、テレビ局の個別の番組向けに自由にカスタマイズでき、専用のツールやアプリではなくWebブラウザ上で配信・視聴することが可能です。無料・有料の配信に対応でき、多様なファン層に応じた企画内容を実現します。また視聴データをテレビ局が管理・蓄積できるため、迅速にデータを分析しその結果を番組づくりに反映していくことが可能です。

特徴としてデジタルフォトや楽曲等の販売機能にはブロックチェーン技術が使用されており、複製を防ぐだけではなく、数量を限定した販売も可能です。

LiveTV-Show機能の提供として、しずおかアイドルプロジェクトのオーディションを経て結成されたアイドルグループ「fishbowl」が、テレビ静岡の新番組「アイドル観察バラエティ fishbowlのデビューしちゃってもいいですか?」への出演と並行して、LiveTV-Showを活用したライブ配信などの企画を行います。

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事