IOSTのメインネットが、3.3.2バージョンにアップデート
   公開日 : 2020/03/06

IOSTのメインネットが、3.3.2バージョンにアップデート

shimada

T.S

CryptoTimes リサーチャー| 数理的アプローチから暗号資産市場のリサーチをしています。特に現在では、仮想通貨界隈での話題を統計学で解明することやマイニング産業のリサーチをしています。 数理統計学を専門にすべく大学院進学の勉強中

IOSTメインネットが2019年2月25日にリリースされて1年が経ちました。そして、3月4日にMainnet Olympusの最新バージョンであるVer. 3.3.2がリリースされました。

IOSTは2019年2月にメインネットが公開され、アップデートを続けてきた中、現在では数千ものノードと20ヶ国に拠点をおく400のパートナー・ノードによって展開される分散型バプリックチェーンとなっています。

今回のバージョンアップでは、暗号化ライブライリの充実とデータ量削減技術が加わります。

重質された暗号化ライブラリでは、異なるチェーン同士のデータ取引を可能にするアトミックスワップ技術が含まれています。

今回、新しいハッシュ関数ripemd160を統合した後、サードパーティの開発者は他の主要チェーンとの間でアトミックスワップを実装できるようになります。さらに、完全に分散化されたクロスチェーン交換も現実のものとなります。

また増え続けるデータ量削減のため、バージョン3.3.2には最大20分の1にまで削減する方法も盛り込まれています。

記事ソース:IOST Updated Mainnet Olympus v3.3.2 Official Launch

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事