IOSTのCTOテリーが中国政府の特別講演に招待され、ブロックチェーンの採用を促進する
   公開日 : 2020/06/23

IOSTのCTOテリーが中国政府の特別講演に招待され、ブロックチェーンの採用を促進する

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

中国政府がブロックチェーン導入を推進している中、中国国家公文書管理局が分散型台帳技術(DLT)プロジェクトについて、技術の教養と応用を加速させるため、IOSTの共同創業者CTOのテレンス(テリー)・ワンを招待しました。

IOSTは、中国政府の講演会に招かれた最初のブロックチェーンプロジェクトとして注目を集めました。IOSTは政府機関、今回は共産党中国中央委員会の下にある国家公文書管理局との重要な関係を通じて、中国におけるブロックチェーンリーダーとしての地位を強化していきます。

共同創業者CTOテリーは、ブロックチェーン技術の開発動向とその応用について、中国政府の指導者に向けて講演しました。この講演では、ブロックチェーン技術の開発動向と中国のブロックチェーン産業の現状、真正性を維持するためのIOSTの概要とそのBaaSプラットフォームの革新的な応用について説明しました。

特別講演には、中央事務局の副局長、国家公文書指導部のメンバー、幹部及び職員の代表者など350人が参加し、メイン会場と支部会場で開催されました。

共同創業者CTOテリーは、ブロックチェーン技術と6つのコア技術を使用する方法を説明しました。限りないサポート、より多くのチェーンのサポート、権利管理、スマートコントラクト、プライバシー保護、コンセンサスメカニズム、国家レベルのブロックチェーンの使用事例を加速させるために、積極的にブロックチェーン技術を探索し、完璧なアーカイブ情報アプリケーションプラットフォームとなりうる技術であることを強調しました。

IOSTは「この成果は、中国政府、中国の業界リーダー、大企業がIOSTのブロックチェーン技術を中国でさらに採用するための道を開くと信じています。そして、IOSTの堅牢なエコシステムの発展を促進し、その革新的でユニークな最先端技術の将来的な可能性をさらに引き出すことを期待します。」とコメントしています。

記事ソース:Medium

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事