カカオトークのアプリ内でデジタル資産のウォレット管理機能が使用可能に
   公開日 : 2020/06/03

カカオトークのアプリ内でデジタル資産のウォレット管理機能が使用可能に

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

韓国大手企業Kakaoが運営するオープンブロックチェーンKlaytnが、同じく同社の提供するメッセージングアプリ「カカオトーク」にてKlipウォレットを用いたデジタル資産の管理が可能になることを発表しました。

Klaytnの公式Twitterアカウントは6月2日、「最大級のモバイルメッセージアプリであるカカオトーク内でついにKlipを用いたデジタル資産の管理ができるようになります。6月3日の公式発表を確認してください」とコメントしています。

現在、Klipで対応しているのは11のKlaytnベースの暗号通貨(KLAY、BOX、BPT、PIB、HINT、ATT、TEMCO、BNS、PXL、ISR、COSM)と、多数の非交換可能なトークン(NFT)をサポートしています。

また、Klipユーザーの秘密鍵は、鍵管理サービスと呼ばれるセキュリティ機能により、暗号化された形式で安全に保存され、ユーザーは、事故やデータ侵害によって秘密鍵を紛失することを心配する必要は無いとしています。

KlipはカカオグループのGround Xにより開発されたカカオトークに組み込まれているウォレットで、去年から先行公開が始まっています。Klaytnは先日、分散型オラクルネットワークであるChainlinkと提携を発表しました

記事ソース:Twitter , Medium

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事