ケニアの暗号資産に関する新たな税制、プラットフォームに1.5%の課税か
   公開日 : 2020/08/10

ケニアの暗号資産に関する新たな税制、プラットフォームに1.5%の課税か

magic_jonson

magic_jonson

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ct analysis

ケニアの暗号資産に関しての新たな税制が適応されることになります。Income Tax Act of KenyaのFinance Act 2020 amendment(改正)により、来年1月1日より全てのデジタルマーケットプレースが1.5%の税を支払う必要になります。

 

当局によると、デジタルマーケットプレースは「グッズやサービスの売り手と買い手の直接的な交流を可能にする電子的なプラットフォーム」と定義しており、詳細な説明はないものの暗号資産取引所も該当すると考えられます。

Digital Service Taxと呼ばれる今回の税金は暗号資産の総取引額に対して課税されます。

Kenya Revenue Authority (KRA)が導入するこの税金はトランザクションを管理するための新たなチームを設置したとしています。

記事ソース:Bitcoin KE

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事