Kraken、カナダ政府による資産凍結を危惧。「私たちはあなたを守れません」
   公開日 : 2022/02/21

Kraken、カナダ政府による資産凍結を危惧。「私たちはあなたを守れません」

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

暗号通貨取引所Krakenの共同創設者兼CEOのジェシー・パウエル氏が、カナダ政府による資産凍結の可能性について危惧するツイートを投稿しました。

パウエル氏は「Krakenは、司法の同意なしに警察から資産を凍結するように言われる可能性がある。そして、あなた方はおそらくそれに従うでしょう。」というコメントに対して、

“「100%そうなるだろうし、100%そう、遵守せざるを得ないでしょう。もし心配なら、中央管理・規制されたカストディアンに資金を預けないでください。私たちはあなたを守れません。コインやキャッシュを持ち出して、P2Pでのみ取引しましょう。」”

とツイートしています。

先日、カナダのトルドー首相は街頭での抗議活動で妨害行為を行っている人々の銀行口座を凍結する可能性があると発表しました。

また、過剰なデモ抗議により拘留された人物は「不祥事を起こした人物」としてファイルに登録され、特定の職種へ就けなくなり、場合によってテロリストとみなされる可能性があるとしています。

英経済ジャーナリストのジェームズ・メルビル氏によると、

  • スコシア銀行
  • カナダ・ロイヤル銀行(RBC)
  • モントリオール銀行(BMO)
  • トロント・ドミニオン銀行(TD)

といったカナダ国内の主要銀行からの出金額が増加しています。

先日、カナダでは暗号通貨を適切に規制するための法案が提出されるなど、国内での暗号通貨の取り扱いについて注目が高まっています。

記事ソース:beincrypto

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事