Binance Launchpadが第7弾目となる「WINk(WIN)」のIEOを発表
   公開日 : 2019/07/23

Binance Launchpadが第7弾目となる「WINk(WIN)」のIEOを発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Binance Launchpadは今月22日、同プラットフォーム上第7弾目となるプロジェクト「WINk(WIN)」のIEO実施を発表しました。


WINkは様々なブロックチェーンプラットフォーム上にDAppゲームを展開しており、WINトークンを活用した独自エコシステムの構築を目指しています。

トークンセールは抽選形式で行われる予定で、BNB保有量は7月24日0時(UTC)から1週間、毎日0時に記録されることになっています。

保有量ごとの抽選券の配布枚数は今回から以下の表のように変更されています。

当選発表は7月31日に行われる予定です。

トークンセールでの販売枚数は総発行枚数の5%(499.5億枚)にあたり、1WIN=0.0001201USD(BNBでのみ購入可)にて販売されます。当選券一枚あたりの購入上限は30USDに設定されています。

また、Binanceのマージン取引口座に入っているBNBはLaunchpadの抽選券配布においてはカウントされない点にも注意が必要です。

記事ソース: Binance, Twitter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事