Japan Contents Blockchain Initiative加入企業SingulaNet社がライブ配信×デジタルコンテンツECサービスでNFTの発行及び販売機能を提供
   公開日 : 2021/03/26

Japan Contents Blockchain Initiative加入企業SingulaNet社がライブ配信×デジタルコンテンツECサービスでNFTの発行及び販売機能を提供

Suzuki

Suzuki

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ct analysis

SingulaNet株式会社が、エンターテイメント業界向けのライブ配信&デジタルコンテンツECサービス「LiveTV-Show(ライブ・ティービー・ショー)」の中でユーザーへ販売するデジタルコンテンツをNFTとして発行する機能の提供を3月より開始します。

SingulaNetはメディア・コンテンツ業界 DX 推進コンソーシアム団体「Japan Contents Blockchain Initiativeに加入しており、今回は同団体が運営するContents Consortium Blockchain PlatformのNFT APIを用いたサービス提供となります。

Japan Contents Blockchain Initiativeは日本のメディア・コンテンツ業界のデジタルトランスフォーメーションに取り組む企業連合コンソーシアム団体で、コンソーシアム型ブロックチェーンプラットフォーム「Contents Consortium Blockchain Platform」を共同で運営することで、APIを介して同ブロックチェーンプラットフォーム上に、Metadataとしてコンテンツの属性情報を記録したり、NFTとしてコンテンツの各種権利を発行・移転することができます。

SingulaNetが提供を開始するNFTを用いることで、これまでライブ会場で販売していた物理的に唯一性をもつリアルグッズと同様の価値を、デジタル上のコンテツとしてファンに届けることができます。

加えて、NFT発行・販売機能のサービス提供の第1弾として、作詞作曲家ヤマモトショウがプロデュースするアイドルグループ「fishbowl」のデジタルフォトのNFTの販売を、LiveTV-Show内のSHOPで開始します。

fishbowlのファンは、LiveTV-Showのサービス内で、各メンバーが曜日毎に担当して配信しているライブを視聴できると共に、当日ライブ配信するメンバーの日替わり限定の一点物のデジタルフォトをSHOPで購入して楽しむことができるようになります。

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事