LTO NetworkがUniswapの流動性&ステーキングプログラムを開始
   公開日 : 2020/11/27

LTO NetworkがUniswapの流動性&ステーキングプログラムを開始

Suzuki

Suzuki

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ct analysis

LTOネットワークの独自トークン$LTOがUniswapで利用可能になりました。これにより、Uniswapへの流動性の供給やLPトークンを用いたLTOネットワーク上でのステーキングを行うことができます。

​LTO Networkが、ETH用のLTO liquidity providersと呼ばれるステーキングファームをデプロイしたことによりUniswapでの利用が可能になりました。

ユーザーは、Uniswapにて供給したETH/LTOペアプールへの流動性の引き換えにLPトークン(流動性を供給した証拠となり、資産を引き出す権利を表す)を受け取ることができます。

LPトークンをLTOネットワーク上へステーキングすることにより、ユーザーはLTOトークンをファーミングすることができます。

LTOネットワークは既存のデータ管理システムをブロックチェーンを用いてそのまま統合することで、安全で効率的な情報ネットワークを構築することを目指したプロジェクトです。

記事ソース:LTO Network

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事