Merit Circleがガバナンストークン$MCを$BEAMへのリブランディングを発表

2023/11/20・

Crypto Troll

Merit Circleがガバナンストークン$MCを$BEAMへのリブランディングを発表

Merit Circleは11月19日に、ガバナンストークン$MCを$BEAMにリブランディングすることを発表しました。

このリブランディングに伴い、$MCから$BEAMへの統合プロセスが必要とされ、既に80%以上の$MCが$BEAMに変換されたことが発表されました。

https://twitter.com/MeritCircle_IO/status/1726208219448566153?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1726208219448566153%7Ctwgr%5E6f93eac95fa3426a1c4266208bcaeed762d4e093%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2FMeritCircle_IO2Fstatus2F1726208219448566153widget%3DTweet

Merit Circleは、YGGやGuildFiと並んで、2021年成功を収めたゲーム分野に特化した分散型自立組織(DAO)であり、世界的にも大規模なゲームギルドです。

Merit Circleは今年4月19日に、Abarancheのサブネットを利用してゲームに特化した独自のブロックチェーン「Beam」の構想を発表していました。

Beamは開発者が、容易にオンチェーンでゲームを展開できるようにすることを目的としたものであり、低い手数料や決済の素早さも実装されています。

Beamブロックチェーンでは、Merit Circleのガバナンストークンである「$MC」がガス代の支払いやバリデーターへの報酬として使用されてきました。

また、$MCを$BEAMへとリブランディングする試みも行われており、それに合わせたトークン変換が各所にて随時行われてきました。

例えば、Binanceでは、11月14日に$MCから$BEAMへのトークンスワップやリデノミネーションが正常に完了したことが発表され、このオーバーホールの後、$BEAM(ティッカーは「BEAMX」) の入金と出金がプラットフォーム上で有効になりました。

このように徐々に進んできた$BEAMへの変換プロセスですが、Beamブロックチェーンの発表からちょうど7ヶ月が経過した11月19日に、80%以上の$MCが$BEAMに変換されたことが発表された次第です。

$MCと$BEAMの関係性:二つのトークンを共存させることはせず、完全な移行を目指す

$BEAMは、Beamチェーン上のネイティブトークンとなり、現在の$MCと同様のユーティリティを持つことを目的としています。

基本的には、$MCは$BEAMへと完全に移行することが計画されており、両トークンの共存は意図されていません。しかし、$MCトークンの保有者のみが$MCを$BEAMに変換する権限を有しているため、仮に変換されない$MCがあったとしてもそれはそのまま$MCとして残ることになります。

エアドロップとして$BEAMを配布しなかった背景として、二つのトークンの共存を目指していないことや、エアドロップの場合はスナップショットの関係上、$MCの取得タイミングによっては$BEAMを取得する資格を失う可能性(またはその逆)が考えられるため、保有者による直接の変換という形が取られました。

また、ウォレット紛失などで$MC保有者が$MCにアクセス出来なっている可能性なども考えられるため、供給されている$MCのその全てが$BEAMへと変換される可能性は低いものと考えられます。そのため、変換されない$MCトークンの分、$BEAMの供給量が減少することには注意が必要です。

$MC保有ユーザーは、公式にて$BEAMへと移行可能:期限は2024年10月26日まで

もしかすれば、まだ$MCを$BEAMへと変換していない方がいるかもしれません。そうした方向けに、変換方法を案内します。

Beam Migrate:https://meritcircle.io/migrate

上記のURLへとアクセスし、$MCを保有しているウォレットを接続することで、$BEAM移行画面へと移り、トークンを変換することが可能です。

トークンの変換比率は、$MC:$BEAM=1:100となっています。

またトークンの公式での変換には期限が設けられており、2024年10月26日までとなっていることには注意が必要です。

($MCではなく$eMCを保有している場合には、あらかじめ$eMCを$MCに変換しておく必要があります)

情報ソース:Merit Circle(Medium)Binance News

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks