MUFGが新型ブロックチェーンを発表、2019年までに実用化へ

MUFGが新型ブロックチェーンを発表、2019年までに実用化へ
この記事の3つのポイント!
1.MUFJが新たなブロックチェーンを発表
2.同ブロックチェーンは毎秒10万件の処理が可能
3.2019年度を目処に提供が開始される予定

記事ソース:MUFG

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)は21日に決済処理速度2秒以下かつ毎秒100万件のトランザクションを処理できる新型のブロックチェーンを開発した発表しました。MUFGは2019年度を目標に実用化を進めていると言います。

今回のブロックチェーン開発は高速ネットワーク網と分散テクノロジーに明るいAkamai Technologiesと共同で行われました。

ブロックチェーンの処理速度はノードとなる端末の処理速度に依存しますが、今回のブロックチェーンではAkamaiのインターネット上で130ヶ国、合計3800箇所以上のサーバーから構成されるネットワーク上にノードを配置し、高速処理を実現しました。

また、このネットワークには独自のプログラムが導入されており、機能拡張によっては最大で毎秒1000万件に達する可能性もあるとしています。

現在クレジット会社が使用しているシステムでは毎秒10万件ほどの処理能力となっているため、MUFGの新たなブロックチェーンでは10倍の処理能力向上が可能となります。

kaz
なんかもう速すぎてわからないけどすごそう…

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks