マルチチェーン対応システムβ版がリリース、NFT取引所「miime」との実証実験を開始
   公開日 : 2020/10/26

マルチチェーン対応システムβ版がリリース、NFT取引所「miime」との実証実験を開始

magic_jonson

magic_jonson

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ブロックチェーンゲームの開発・運営を行うdouble jump.tokyo株式会社が、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」にて、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」(MCH+AMS)を開発しました。

同システムにおいて、株式会社メタップスアルファが運営するNFT取引所「miime」と、NFTの出品購入を可能にする実証実験を10月26日より開始します。

Asset Mirroring Systemは、MCH+パートナーのマルチチェーン対応を支援し、統一的なアセット情報取得と利用を実現するMCH+のサービスです。現在がMCH+AMSはイーサリアムにのみ対応しており、将来的には対応チェーンの充実とセカンドレイヤー技術を採用する予定です。

実装実験では、「My Crypto Heroes」のオフチェーンで管理されるアセットを「miime」が提供する「日本円による決済」にて、出品や購入を行うことができます。

double jump.tokyo株式会社が運営する『My Crypto Heroes』は先日、ガバナンストークン「MCH Coin」を発行することを発表しました

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事