doublejump.tokyo株式会社がビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite 」を発表
   公開日 : 2021/06/07

doublejump.tokyo株式会社がビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite 」を発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

doublejump.tokyo 新サービス発表

ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdoublejump.tokyo株式会社は、エンターテイメントDX向けのSaaS「N Suite」の提供を開始することを発表しました。

N SuiteはNFT発行、管理などのNFTコンテンツビジネスを効率的に行うためのビジネスツールだそうです。エンターテイメントDXを戦略的に行うためのツールセットとして、新機能を順次追加していく予定です。

リリース時、提供予定サービス

N Suiteのリリース時に提供を予定しているサービスはこちらです。

  • N Board:マネジメント・ボード
  • N Wallet:キーレス・ウォレット
  • N Cloud Key:クラウド・キー・システム

N Board:マネジメント・ボード

NFTコンテンツのデータ入稿や発行が誰でも簡単にできる機能です。自社で発行したNFTを一元管理を行えるダッシュボードとなっています。今後、NFTリリース後のケアもできる機能も充実させる予定とのことです。

N Wallet:キーレス・ウォレット

秘密鍵を保有しない認証ウォレットで、NFT発行などの際のブロックチェーントランザクション署名に認証で使用します。一般的なウォレット機能である、ETHやERC-20などの送金にも今後対応予定です。リリース時、Chrome Extensionで提供予定になるようです。

またクラウド管理された秘密鍵と結びつけることで複数人数で秘密鍵を共有管理をすることができます。

N Cloud Key:クラウド・キー・システム

秘密鍵をクラウドでセキュアに保管するシステムです。この機能をN WalletやN Boardと組み合わせることで、個人で管理をしなくてはならない、秘密鍵を複数人数で管理することを可能にしています。

追加予定機能

今後の追加予定はこれらになります。

複数人ワークフロー機能
マルチチェーン対応(Flowブロックチェーンなどに順次対応予定)
N Cloud Keyの対応クラウドサービス追加(Microsoft Azureなど)
SDKの提供
販売管理システム
版権管理システムとの連携機能
NFTコンテンツ分析機能(N Insight)

引用:PR Times

様々な機能が追加予定なので、大企業からベンチャー企業まで利用していく可能性があります。

今後の展開に注目

マイクリ、ブレヒロ、マイサガなどを開発するdoublejump.tokyo株式会社が発表したサービスなので、今後の展開が楽しみです。NFTに関しては、世界でもトップクラスで早い段階のサービス展開をしていた企業なので、N Suiteがどのように社会に影響を与えていくのか?注目していきたいところです。

N Suiteは秘密鍵の紛失、流失や発行ミス防止、販売後のケアなどを目的にしているサービスなので、業界内で言われるGOX等が減っていく可能性が考えられます。規模が大きいNFT発行はリスクも伴いますので、この辺りは常日ごろから注意していきたいところです。

記事ソース:PR TIMEN Suite

画像:N Suite

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事