コインチェックやLINE子会社など、新たに5社が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に入会
   公開日 : 2019/01/05

コインチェックやLINE子会社など、新たに5社が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に入会

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

仮想通貨交換業者で構成される規制団体の日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)はコインチェックなど5社が入会することを発表しました。

JVCEAは会員を三種類に分類しており、第一種会員は仮想通貨交換業者、第二種会員は仮想通貨交換業者登録の申請中の事業者又は申請を予定する事業者、第三種会員は現在は未定と規定しています。第三種会員は周辺ビジネスを行う事業者など本協会の目的に賛同する者を対象とする予定です。

今回、第二種会員として以下の5つの企業が入会しました。

会社名代表者名
コインチェック株式会社勝谷 敏彦
みんなのビットコイン株式会社山田 達也
株式会社LastRoots小林 慎和
LVC株式会社高 永受
コイネージ株式会社山崎 良平

なお、第一種会員は株式会社bitFlyerや株式会社マネーパートナーズ、ビットバンク株式会社など16社で、第二種会員は上記5社のみです。

Bitcoin.comの金融庁への取材によると、仮想通貨事業に参入意向を表明している企業は190社以上あることが判明しており、今後多くの企業がJVCEAに入会すると予想されます。

記事ソース:一般社団法人・日本仮想通貨交換業協会

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事