ブラックロック提供のビットコインETF、多方面から資金流入か

ブラックロック提供のビットコインETF、多方面から資金流入か

引用元: Rokas Tenys / Shutterstock.com

ブラックロックETFブランドiSharesのプロダクト責任者レイチェル・アギーレ氏が自社が提供する現物型ビットコインETFについてコメントしました。アギーレ氏によると、iSharesが提供中の現物型ビットコインETFには、多方面から資金が流入しているとしています。

今月11日に米SECは申請されていた複数の現物型ビットコインETFの上場と取引を承認。これによりグレースケールは提供していた投資信託GBTCをETFに転換しており、GBTCから3日間で約11億ドルが流出していることが報告されていました。

アギーレ氏によると、グレースケールのGBTCからの流出も含め、現在IBITには様々な方面から資金が集まってきており、取引開始直後に関しては個人投資家からの関心が特に高かったとしています。

ct analysis

富裕層コミュニティやアドバイザリー・コミュニティが非常に重要であることを改めて言及したアギーレ氏は「(大手資本の流入には)数週間、数ヶ月、数年かかる」とコメントしました。

また、特定のファイナンシャル・アドバイザーはETF取引開始初日にアロケーションの2%を追加したいと申し出てきた事例もあったことを同氏は明かしており、プレイヤーによって参入時期が異なるとしています。

11の現物型ビットコインETFが承認され市場に複数のETF商品が存在する中、レイチェル氏は「投資家は価格追跡や流動性の側面を重視している」と説明。昨今、着目されている手数料も重要な要素であるとした上で、投資家にいかに高いバリューを提供できるかに焦点を当てていると述べました。

記事ソース:Bloomberg

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks