マンチェスターシティとPower of Womenが協力し、NFTをリリース

マンチェスターシティとPower of Womenが協力し、NFTをリリース

Power of Womenとマンチェスターシティがコラボレーションを実施し、デジタルアートのNFTをOpenSeaで販売しています。これは、女子スーパーリーグシーズン2023-24の開幕を祝し、またマンチェスター・シティの「Same City, Same Passion」キャンペーンからインスピレーションを得た企画となっています。

このデジタルアートNFTは、2023年3月の国際女性デーに発表された、「I am EMPOWERED」コレクションに続いてリリースされたものとなります。Power of Womenは、イラストレーターのLeah Ibrahim Samsによって制作されるアートを提供しています。

このNFTは期間限定のOpenEditionとしてリリースされ、収益はPower of Womenとマンチェスター・シティの公式チャリティである「City in the Community」に均等に分配されるとのことです。

さらに、以前「I am EMPOWERED」コレクションのデジタル・アートワーク5点をすべて購入したコレクターに対して、「Same City, Same Passion」が無料で提供されます。これにより、コレクターとのエンゲージメントが深まり、新しいコレクションへの興味が高まることが期待されています。

マンチェスター・シティWFCは、2013年にFA女子スーパーリーグへの参入が認められ、2014年1月にマンチェスター・シティ・ウィメンズとして再出発しました。これは、クラブが女性選手たちに初めてフルタイムのプロ契約を提供した瞬間でもあります。

また、マンチェスター・シティWFCは、なでしこJapanとして先日行われたFIFA 女子ワールドカップに出場した長谷川唯選手が、所属するチームでもあります。

この特別なNFTは、10月1日から10月4日までのミント期間に、1mintあたり0.03ETHでOpenSeaにて販売されています。この期間中に、デジタルアートの愛好者やNFTコレクターがこのユニークな作品を手に入れることができます。

このコラボレーションとNFTのリリースは、デジタルアートとスポーツの融合を象徴しています。イングランドの女子サッカーにどよのうな影響を今後与えていくのか注目です。

記事ソース:OpenSeaManchester City X(Twitter)

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks