マウントゴックス、約4,560億円相当のビットコインを移動

マウントゴックス、約4,560億円相当のビットコインを移動

マウントゴックスのウォレットから、42,884BTC(約4558億円)が別のアドレスに送金されたことがWhale Alertによって確認されました。

同アドレスは数時間のうちに数十回に分けて同一のアドレスへビットコインを送金。送り先のアドレスには、送金されたすべてのビットコインが保持されており、記事執筆現在で資金に動きはありません。

マウントゴックスは、2014年に発生したハッキング事件で850,000 BTCが流出し、経営破綻しました。その後、民事再生法手続きに入り、回収できた資産の一部を顧客への返金作業を進めています。

管財人は、返済期限を2024年10月末まで延長すると発表しており、今回の巨額送金が返済プロセスの一環なのか、それとも別の理由があるのか注目が集まっています。

マウントゴックスは、かつて世界のビットコイン取引量の70%を占めるほどの最大手取引所でしたが、2014年のハッキング事件で経営破綻しました。この事件は、仮想通貨業界の歴史においても最大規模のセキュリティ侵害として知られています。

その後、マウントゴックスは民事再生法手続きに入り、債権者への弁済を進めています。しかし、弁済手続きは長期化しており、今回の巨額送金が債権者への返済にどのように影響するのか、今後の動向が注目されます。

記事ソース:Mt.goxArkham

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks