NFTのインサイダーで有罪判決|元OpenSeaプロダクトマネージャー

NFTのインサイダーで有罪判決|元OpenSeaプロダクトマネージャー

元OpenSeaプロダクトマネージャーのNathaniel Chastain氏が、詐欺とマネーロンダリングの罪で有罪判決を受けました。

Chastain氏は、NFT取引プラットフォームOpenSeaのサイト上で紹介されるNFTを事前に購入し、その後売却することで5万ドル以上の不当な利益を得たとし、昨年6月に告発され、その後捜査が進められていました。

昨年10月、Chastain氏は起訴の取り下げの申し立てを行いましたが、米連邦地方裁判所によって棄却。その後有罪判決が下された流れとなります。連邦検察によると、今回の事件はデジタル資産に関する初のインサイダー取引事件であるとしています。

昨年7月、大手仮想通貨取引所コインベース (Coinbase) 元プロダクトマネージャーのIshan Wahi氏がインサイダー取引に関する容疑で米司法省、SECらから起訴されました。

事件の一部に関して自身の有罪を認めている同氏とSECは和解する方向で進んでおり、その中でWahi氏はインサイダー取引の罪として10ヶ月以下の禁錮形を望んでいるとしています。

記事ソース:justice.gov資料資料(2)資料(3)

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks