セブン銀行、募金でNFT発行のキャンペーンを開始

セブン銀行、募金でNFT発行のキャンペーンを開始

セブン銀行が対象団体への募金を通じてユーザーがNFTを手に入れられるキャンペーンを開始しました。この施策は7月18日から10月16日までの期間に全国のセブン銀行ATMで行われます。

ユーザーはセブン銀行ATMの募金画面で「(NFT/donation)セブンイレブン記念財団への募金」を選択し、1,000円以上の募金を行うことでキャンペーンへの参加が可能。募金後、利用明細表に記されたQRコードを読み取ることでNFT(SBT)を手にいれることが出来ます。

今回の取り組みでは、SUSHI TOP MARKETING株式会社のサービス「NFT Shot」が提供されています。

手続きの流れ|画像引用元:PR TIMES

上記NFTは、現代美術家窪田 望氏制作の限定デジタルアート作品が紐づいており、全4種類のアート作品からランダムに1種類が選ばれるとしています。

キャンペーンで集まった寄付金は1993年に設立されたセブン-イレブン記念財団を通じて環境をテーマとした社会貢献活動に活用される予定。窪田 氏は今回の取り組みについて自身のTwitterで「日本では匿名で寄付することが美徳とされてきたが、その常識も打ち破りたい」と述べています。

記事ソース:PR TIMESTwitterセブン銀行
画像出展元:Quality Stock Arts / Shutterstock.com

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks