Niftables、クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表
   公開日 : 2022/05/18

Niftables、クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

 Niftablesは、世界初のオールインワンNFTプラットフォームを発表した。新テクノロジーの採用により、ブランドとクリエイターは、自社ビジネスへのNFTの導入を最速で図ることができる。すでに数十にのぼる著名ブランドとクリエイターが、NFTプラットフォームの導入をホワイトレーベル(自社ブランド)で果たしてしており、間もなく公式発表が行われる。

NFTの需要は、ここ数年で著しい伸びを見せた。だが、NFTの世界に初めて参入するブランドとクリエイターにとって、参入障壁は決して低くない。ほとんどのクリエイターは、NFTの設計、開発、作成、配布に悪戦苦闘している。Niftablesは、その参入障壁を取り除く。コンテンツ制作者、ブランド、ユーザーにとって、完璧なNFTプラットフォームを提供することで、NFTの普及を爆発的に加速させている。

Niftablesの共同創設者であるジョーダン・アイタリ(Jordan Aitali)氏の弁「同じワンストップショップでも、すべての客にフリーサイズの服を勧めるような店に意味はない。Niftablesは、カスタマイズ自在のオーダーメイド店だ。クリエイターとブランドがホワイトレーベルのNFTプラットホームを、イチから構築できるように設計されている。クリエイターは、NFTプラットフォームをブランドや全体的なビジョンに完全に連動させることができる」

さらに、Niftablesは、2022年3月にドバイで開催されたAIBCサミットで 「Mass Adoption Award」(大衆的受容賞) を受賞した。Niftablesが、同賞をMeta(旧Facebook)やThe Sandboxと争ったことを考えると、プロジェクトに対する強い信頼がうかがえる。

Niftablesにおいて、すべての基盤となるフレームワークは、メタマーケットである。これにより、最先端のカスタムテクノロジー、NFTユーティリティの完全自動化、およびNFTネットワークへのシームレスなフロントエンドとバックエンドの統合が実現される。クリエイターは、本インフラストラクチャを利用することで、NFTを直接市場で販売し、広範なエコシステムによってNFTの有用性を劇的に高めることができる。

Niftablesのメタマーケットは、現時点での革新的なNFT機能のすべてを、使いやすいワンストップのプラットフォームに網羅的に統合することを目指している。バーチャルリアリティ(VR)および拡張現実(AR)対応の3Dギャラリーへ、ポータルからメタバース接続で誘導してくれる。本ソリューションは、各国の通貨での支払いも可能で、仮想通貨を持たないユーザーの参入障壁を取り除き、NFTの大衆的受容への扉を開くことを目指している。

クリエイターは、NFTを自動サブスクリプションサービス、パック、ドロップ、オークション、即決購入のいずれか、またはこれらの組み合わせで配布することを、完全に制御することができる。Niftablesは、各国の通貨と仮想通貨の両方をサポートしているため、クリエイターとそのコミュニティは、ウォレットと接続された支払いゲートウェイにおいて、「各国の通貨または仮想通貨」を簡単に切り替えることができる。

今後の展望

Niftablesは、NFTの購入者と保有者向けの、クロスチェーン、フィアット対応、ガスフリーのマーケットプレイスを立ち上げることを計画している。NFTの購入者と保有者は、クリエイターがつくったホワイトレーベルのプラットフォームまたはNiftablesから、直接NFTを購入、取引、販売、交換、換金することができる。

このマーケットプレイスは、バイヤーが検証済みのホワイトレーベルのプラットフォーム、ストア、プロフィール、コレクションを直接閲覧したり、NFTを売買したり、3Dメタギャラリーを開催したりするためのハブとなる。さらに、Niftablesは、世界有数のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaおよびRaribleとの提携により、NFTの二次販売にも力を入れている。

プラットフォームの基幹となるのは、$NFTトークンである。このトークンは、Niftablesエコシステム全体での主要な支払い方法として機能する。トークン所有者は、Niftbalesマーケットプレイス、カスタマイズされたユーザープロフィール、およびすべての外部の第三者が作成したホワイトラベルプラットフォーム上で使用することができる。そのすべてが割引料金となるのは、ネイティブトークン保有者の特権だ。

NFTのトークンは5億ドルを限度額としてローンチされ、初期にはシード、プライベート、パブリックのラウンドが予定されている。権利確定スケジュールに従って、順次資金ロックが解除されてゆき、NFT発行額(および流動性)が今回の予定総額の690万ドルに達するのは、今四半期の後半になる見込みだ。

Niftablesについて

Niftablesは、個人から世界最大のエンターテインメント企業にいたるまで、NFT活用のビジョンをもつすべてのブランドやクリエイターにとって、非常に頼りになるプラットフォームである。NFT投資に必要なすべての機能を統合した双方向型NFTメタマーケットを世界中のユーザーに提供している。

メディア連絡先: Martynas Kasiulis, [email protected] 

詳細についてはこちら: WebsiteTwitter  |  Telegram  |  Discord | Instagram


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事