北朝鮮が10月にブロックチェーンカンファレンスを開催

北朝鮮が10月にブロックチェーンカンファレンスを開催

北朝鮮が10月に、ブロックチェーンのカンファレンスを開催する予定であることが分かりました。

スペインの朝鮮親善協会委員長であり朝鮮対外文化連絡委員会特使を務めるアレハンドロ・カオ・デ・ベノス氏が設立したサイト、DPR OF KOREAで明らかになりました。

カンファレンスは10月1日と2日に平壌で開催される予定で、世界中からブロックチェーンや仮想通貨の専門家が集まるとのことです。

また、10月3日には、専門家らは北朝鮮企業と会合を開く予定だとしています。

この開催についてセキュリティ専門家は、ラジオ・フリー・アジアに対し以下のように語っています。


北朝鮮はカンファレンスによって、自分たちは仮想通貨や取引所を作る技術力があり、ブロックチェーンなどの先端技術に長けていることを誇示したいのだろう。

また、国際的なブームにも遅れをとっていないことを、国内外に宣伝する目的もあるようだ。

北朝鮮は経済制裁を受け、最近では外貨獲得のため仮想通貨取引所をハッキングしているとされています。

その最中で国際的カンファレンスを開催するということで、その背景が注目されています。

記事ソース:KOREAN INTERNATIONAL BLOCKCHAIN CONFERENCE SEPTEMBER 27th to OCTOBER 4th, 2018

NT
調べてみたら、北朝鮮はBitcoinの開発エンジニアを呼んで講義させていたりと、ブロックチェーン教育に力を入れてるようですね。

 

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks