OpenSeaがNFTレアリティツールOpenRarityをローンチ
   公開日 : 2022/09/22

OpenSeaがNFTレアリティツールOpenRarityをローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

NFTマーケットプレイスのOpenSeaがレアリティツールであるOpenRarityをローンチしました。

公式ツイートにて、Moonbirds、Cool Cats、Pudgy Penguinsからスタートすると発表がありました。

今回のツールは、市場全体を統一された透明性のあるランキングを提供するために、OpenRarityを開発したようです。OpenRarityは、OpenSea、icy.tools、Curio、PROOFで共同開発したツールとなっています。

対応しているコレクションには、ナンバーが表記されており、カーソルを合わせるとランクが表示されます。

「Most rare」を選択するとOpenRarity基準のレア度が高い順に表示順を変更することができます。

また、クリエイター向けに設定できるように情報公開されています。APIも提供されていますので、デベロッパーの方はご確認ください。

OpenRarityは、現在ERC-721のみ対応となっておりERC-1155は未対応とヘルプセンターに記載がありました。詳しくは下記のURLをご確認ください。

OpenSea Help Center

NFTコレクションのレアリティがOpenRarityによって統一されることで、運営もコレクターも判断基準がつきやすくなる可能性があります。業界のスタンダードになるのかは、まだわかりませんが、今後の対応コレクションやOpenRarityの動向に注目です。

記事ソース:OpenSea Help Center

画像:JOCA_PH / Shutterstock.com

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事