NFTマーケットプレイスOpenSeaの使い方、出品から購入、ミント方法までを完全解説
   公開日 : 2021/08/30

NFTマーケットプレイスOpenSeaの使い方、出品から購入、ミント方法までを完全解説

airutosena

中学生の頃から仮想通貨に触れていて、今でも仮想通貨が大好きなライターです。

ct analysis

NFTの人気が高まる中で、NFTを取引することが可能なマーケットプレイスの取引量が増加しています。

そんなNFTマーケットプレイスの代表的な存在が「OpenSea」です。

しかし、ウォレットの準備や購入手順などが分からず、ハードルを感じている方も少なくないでしょう。

この記事では、OpenSeaの概要や特徴から、使い方の具体的な手順を1から解説しています。

OpenSeaとは?基本的な部分を解説

はじめに、OpenSeaの基本的なポイントについて押さえていきましょう。

「OpenSeaがそもそも何かよく分かっていない」「どんなことができるのか分かっていない」といった方は、ぜひチェックしてください。

NFTを取引する場所

OpenSeaについて簡単にまとめると「NFTのマーケットプレイス」のことです。

NFTを取引する場所という認識で問題なく、扱っているものがNFTというだけで、提供している機能はメルカリやヤフオクと変わりません。

OpenSeaは、以下のような幅広いジャンルのNFTを取扱っています。

  • アート
  • 音楽
  • ドメインの名前
  • バーチャルワールド
  • トレーディングカード
  • 収集品
  • スポーツ関連

NFTのマーケットプレイスとしては最大級となっており、過去には村上隆氏などがOpenSeaへ自身の作品したことがあります。(現在は取り下げ)

NFTの取引をはじめたいなら、まずはじめに利用を検討したいマーケットプレイスの1つであると言えるでしょう。

OpenSeaを機能別に解説

次に、OpenSeaを機能別に解説していきます。

OpenSeaの基本的な機能を押さえて、「OpenSeaの用途・使い所」を具体的に把握していきましょう。

出品されているNFTをチェックする

この画面では、出品されているNFTをざっと確認することができます。

詳しい使い方は後述しますが、カテゴリにより絞り込みや、並び替えなどが可能です。

NFTを購入する

作品をチェックして、「Buy now」といった表記が行われている作品であれば、表記されている価格ですぐに購入することができます。

デジタルなものを取引する分、メルカリやヤフオクよりも簡単に取引可能です。

NFTを出品する

自身のNFTコレクションの中から、OpenSeaに出品を行うことができます。

例えば、どこかで過去に購入したNFTはもちろん、ブロックチェーンゲームでゲットしたNFTを出品可能です。

NFTを作成する

この画面では、NFTを作成することが可能です。

OpenSeaでは、容易にNFTを作成することが可能となっており、作成したNFTをOpenSeaで売却することもできます。

OpenSeaが難しくてもNFTは取引できる!

この記事では、OpenSeaの使い方を徹底解説していますが、初心者の方には利用が難しい側面は否めません。

英語表記や、複雑な手順に苦手意識がある方も少なくないでしょう。

そんな方には、Coincheckが提供しているNFTマーケットプレイスである「Coincheck NFT」を利用するのがおすすめです。

(引用元:Coincheck)

OpenSeaと比較すると、NFTのバリエーションや全体的な規模感が小さいのは否めませんが、日本の取引所がやっているNFTなので、使い方が容易・自然な日本語で利用できます。

Coincheck NFTでNFTを取引するには、口座開設が必須となっているので、「気軽にNFT取引をはじめたい」といった方は、Coincheckで口座開設するのがおすすめです。

OpenSeaの3つの特徴

OpenSeaの特徴を3つ解説していきます。

OpenSeaの特徴を知って、OpenSeaの魅力を把握していきましょう。

日本語対応済み

OpenSeaは、日本語に対応しています。

ただし、完全な日本語対応というよりも、英語表記されている箇所があったり、不自然な日本語が見られます。

しかし、日本語として読めないといったものではなく、十分に理解することが可能なレベルです。

日本人の利用者としては、不自然であっても日本語対応しているという点は、メリットに挙げられるでしょう。

複数のチェーンに対応

OpenSeaは、複数のチェーンのNFTに対応しています。

OpenSeaのMarketplaceのフィルターでは「イーサリアム」「Polygon」「Klaytn」などを選択可能です。

また、今後も新たなチェーンに対応する方針を明らかにしていることから、どんどん利便性が向上していく可能性が高いでしょう。

簡単にNFTが作成できる

OpenSeaでは、簡単にNFTを誰でも作成することができます。

もちろん、NFTの作成に関して費用などは掛からわず、OpenSeaで作成してOpenSeaで作品を公開するといったことも可能です。

アーティストの方は、挑戦してみても良いかも知れません。

初心者OK!OpenSeaの使い方を1から解説

OpenSeaの概要や特徴が分かったところで、OpenSeaの使い方を1から解説していきます。

仮想通貨を購入するといった基本的な部分から解説していくので、OpenSeaへの利用にハードルを感じている方はぜひチェックしてみてください。

OpenSeaを使うために必要なもの

OpenSeaの利用(購入)に伴っては、最低限以下のようなものが必要になります。

  1. 仮想通貨を用意
  2. ウォレットを作成
  3. ウォレットへ送金
  4. OpenSeaとウォレットを接続

一つ一つチェックしていきましょう。

仮想通貨を用意する

OpenSeaでNFTを購入したい方は、まずはその購入資金となる仮想通貨を購入しましょう。

OpenSeaではイーサリアムが利用可能なので、イーサリアムを購入するのがおすすめです。

仮想通貨を購入するには「国内仮想通貨取引所」での口座開設が必要になります。

OpenSeaを利用しなくとも、仮想通貨に触れていくなら、国内仮想通貨取引所での口座を持っておくと何かと便利なので、予め開設していくのがおすすめです。

まだ、国内仮想通貨取引所での口座開設が済んでいないという方は、国内仮想通貨取引所の「Coincheck」での口座開設がおすすめです。

  • 16種類の仮想通貨が取引可能で銘柄数国内最多
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数1で使いやすい
  • 取引所の手数料無料

Coincheckはアプリが非常に使いやすく、PCの取引画面もシンプルで非常に使いやすいです。

このことから、初心者でも気軽に仮想通貨を購入することが可能で、「仮想通貨にハードルを感じている」と言った方は、Coincheckから仮想通貨をスタートしましょう。

Coincheckの登録方法・口座開設方法についてはコチラ

動画でも詳しく解説しています。

ウォレットを作成する

OpenSeaを利用するには「ウォレットの接続」が必要です。

OpenSeaでは、以下のようなウォレットが利用可能となっています。

  • MetaMask
  • coinbase Wallet
  • Bitski
  • Wallet Connect
  • Fortmatic
  • Arkane Network
  • Dapper
  • Autherum
  • TORUS
  • portis.io
  • Kaikas

まだ、ウォレットを作成していない方で、特にこだわりが無いなら「MetaMask」を利用するのがおすすめです。

MetaMaskは最もポピュラーなウォレットとなっており、ほとんどのウォレットを利用する仮想通貨関連のサービスがMetaMaskに対応しています。

また、利用している方が多いことから、なにか迷ったときの情報源も多いので「ウォレットはどれがいい?」と迷っている方は、まずMetaMaskにて作成しましょう。

MetaMaskの作成手順についてはコチラ

MetaMaskの利用方法については、動画でも分かりやすく解説しています。

ウォレットに送金する

MetaMaskなどのウォレットが完成したら、国内仮想通貨取引所で購入した仮想通貨をウォレットに送金しましょう。

国内仮想通貨取引所からウォレットへの送金手順は、各取引所によって異なっていますが、それほど難しくありません。

この記事でご紹介したCoincheckの送金手順に関しては、コチラで解説しています。

ウォレットとOpenSeaを接続する

ここまで来たら、OpenSeaが利用できるまであと少しです。

OpenSeaとウォレットを接続していきましょう。

  1. OpenSeaへアクセス
  2. 右上の人のマークへ
  3. MetaMaskであれば「Sign In」を選択
    (その他のウォレットは「Use a diffrent wallet」へ)
  4. ウォレットの処理を済ませる
  5. 文字列が表示されたことを確認

これで、OpenSeaとウォレットの接続は完了したことになります。

必要に応じてメールアドレスなどの登録

ウォレットの接続を完了すれば、OpenSeaを利用すること自体は可能です。

しかし、メールアドレスやユーザーネームなどを登録しておくと、メールアドレスに連絡が来たりして、なにかと便利です。

以下のような手順で、OpenSeaでの登録を行っていきましょう。

  • 右上のマークへ
  • 設定のマークへ
  • メールアドレスやユーザーネームを入力しSaveで完了

OpenSeaの機能別の使い方

次に、OpenSeaの具体的な使い方を機能別にご紹介していきます。

OpenSeaを使いこなしていきましょう。

OpenSeaでの作品の見方・探し方

OpenSeaにて、Marketplaceの欄を選択すると、さまざまなNFTをチェックすることができます。

これから、主要な使いやすい機能・NFTの探し方をご紹介していきます(Marketplaceの使い方)。

  • NFTをジャンル別でチェックする
  • NFTを並び替える
  • 出品の状態で調べる
  • 価格を設定する
  • コレクションで探す
    (検索欄でAxie Infinityなどを入力する)
  • 通貨で探す

便利な機能を使って、効率的に好みのNFTを探していきましょう。

OpenSeaでNFTを購入する

OpenSeaで、NFTを購入する手順は以下のようになっています。(すぐに買えるものを想定)

  1. 好みのNFTを選択
  2. 「Buy Now」へ
  3. 内容を確認しチェックアウトへ
  4. ウォレットでの処理を済ませる

この手順を済ませて、トランザクションが完了すると、購入できたということになります。

慣れたら、数分程度で完了するでしょう。

OpenSeaでNFTを出品する

次に、OpenSeaでNFTを出品する手順をご紹介していきます。

  1. プロフィールに行く
  2. 自身のNFTの中から売りたいものを選択
  3. 「売る」へ
  4. 出品内容を設定
    (価格・販売方法・通貨・スケジュールなど)

出品方法に関しても、基本的にヤフオクやメルカリなどとそれほど大差がありません。

英語表記の部分が多いものの、フリマアプリと設定事項自体は変わらないので、慣れれば数分程度で完了できます。

また、各設定項目には以下のような意味があります。(SetPriceの設定)

  • Price = 価格設定
  • Include ending price = 期間と価格を設定し売れるまで価格が下げられる
  • Schedule for a future time = 出品するタイミングを設定
  • Privacy = 出品の公開範囲を調整

OpenSeaでNFTを作成する

NFTを作成するというと難しく感じますが、それほど難しくありません。

OpenSeaでNFTを作成する手順は以下のようになっています。

  1. Createへ
  2. NFTにしたいファイルをアップする
  3. 名前や説明などの必要項目を入力
  4. ブロックチェーンなどを選択し、作成(Create)へ

これでNFTを作成できました。

もちろん、作成したNFTは前述した出品の手順で、売り出すことが可能です。

OpenSeaにリスクはある?注意点解説

これまで、OpenSeaの概要や特徴、使い方について解説していきました。

最後に、OpenSeaを利用する上での注意点やリスクについて解説していきます。

著作権などに注意

NFTに関する著作権などの法的な問題については、未だにはっきりとしないポイントは多いです。

しかし、基本的に他人の著作物をOpenSeaなどで、NFT化して公開するのはリスクが非常に高いです。

当然ですが、作成するNFTは自身が創作したものを利用しましょう。

また、著作権とは少し違いますが、bitFlyer社が商標権を持っている、bitFlyer名義のENS(Ethereum Name Service)を他人が取得し、OpenSeaで販売したことも記憶に新しいです。

偽物がアップされている可能性

OpenSeaでNFTが簡単に作成できるように、NFTを作成すること自体はそれほど難しくありません。

また、誰でも作成可能になっています。

このことから、OpenSeaに限らず、NFT関連のマーケットプレイスには偽物が売られている可能性が否定できません。

例えば、OpenSeaにて「The Sandbox」の偽物の「LAND」が販売さているのが、問題視されたことがあります。

The Sandboxに限らず、他のゲーム・サービス・作品であっても、レプリカ・偽物のようなものが売られている可能性は十分にあります。

OpenSeaでNFTを取引しよう

この記事では、OpenSeaについて解説しました。

熱が高まりつつあるNFTと同時に、そのマーケットプレイスであるOpenSeaの取引量も増加傾向にあります。

しかし、さまざまなリスクが存在しているので、十分に注意した上で利用しましょう。

この記事では、NFTマーケットプレイスであるOpenSeaについて解説しました。

しかし中には「やっぱり難しそうだった・・・」と感じた方も少なくないでしょう。

そんな方には「Coincheck NFT」がおすすめです。

CoincheckのNFTマーケットプレイスであれば、安心の国内取引所が運営しているプラットフォームで取引を行うことができます。

また、OpenSeaと比較すると、初心者の方であっても、NFT取引をスタートしやすいでしょう。

Coincheck NFTの利用には口座開設が必要なので、気になる方はCoincheckからNFTデビューをしてみませんか。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事