PancakeSwapがNFTマーケットプレイスを開発していることを発表
   公開日 : 2021/08/21

PancakeSwapがNFTマーケットプレイスを開発していることを発表

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

PancakeSwapがNFTマーケットプレイスを開発していることを発表しました。

https://twitter.com/PancakeSwap/status/1428721049080713216

もちろん、BSCを使ったマーケットプレイスになります。今、公開されている情報は下記になります。

  • NFTの購入と販売の両方が可能
  • 取引はBNB / WBNBが使用可能
  • マーケットプレイスからの手数料は、CAKEを買い戻してバーンするために使用
  • 最初のトレード可能なNFTは、PancakeSwapに特化したもの

NFT業界の流れは凄まじく速いので、なるべく速くマーケットプレイスをリリースしたい意向が書かれていました。これに伴い、リリース時には基本的な機能のみでリリースされる予定です。

マーケットプレイスのリリース直後は、PancakeSwapのNFTしか取引できない予定ですが、土台が整ったら幅広いアイテムを解放していく予定です。また意外なところでいうと、CAKEでの売買は今のところ予定していないようです。

NFTマーケットプレイスをリリースすることで、CAKEの買い戻しがありますので、賑わい方によったらCAKEの価格にも影響してくるかもしれません。この辺りの動向は、PancakeSwapを使っている方は要チェックです。

PancakeSwapは可愛い見た目が特徴なので、キュートなNFTアートなどが人気が出るかもしれません。今のところ、可愛さを特徴としているマーケットプレイスはありませんので、相性の良いアーティストが発掘される可能性を秘めています。

多くのユーザーを抱えているDeFiプロジェクトまでNFTマーケットプレイスに参入してきたので、まさにNFTマーケットプレイスの戦国時代になってきました。PancakeSwapがどのような影響を与えるのか、注目です。

記事ソース:The PancakeSwap NFT Ecosystem Evolves

画像:shutterstock

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事