MemeInatorのプレセールが最終段階に近づき、650万ドルを超える資金調達

MemeInatorのプレセールが最終段階に近づき、650万ドルを超える資金調達

Memeinatorは自身のICOの終盤に差し掛かり、650万ドルを超える資金を調達した。20段階中19段階目にあり、0.0276ドルの価格設定となっているが、Memeinatorチームはプレセールが間もなく完売する見通しだと予測している。

Memeinatorのストーリーラインは、2077年から現在に送られ、デリバティブ的なミームコインを一掃するというものだ。これは、Memeinatorの新作ゲーム「Meme Warfare」で具現化される。このゲームでは、プレイヤーがMemeinatorの姿になり、ミッションとして貧弱と判断されたコインをウェブ上から一掃するため、敵コインを次々と撃破していく。

公式ゲームのベータテストは2023年第2四半期に開始され、初期購入者限定で行われる。プロダクトヘッド、マルコ・トネッティ氏は最近のAMAで、ゲームの初期デザインを公開し、裏で鋭意開発が進められていることを示した。

トネッティ氏は最新の進捗状況について次のように述べた。「Memeinatorゲームの開発状況を一部お見せできてうれしかった。ベータ版をリリースしてコミュニティからフィードバックを得るのが待ち遠しい。AMAはいつも大変楽しく、そこで少し独占的なニュースをリリースすることもある。なので是非参加してほしい。プレセールが間もなく完売しそうなので、今後はゲーム開発とMMTRトークンの公開取引に全力を注ぐ」

Memeinator (MMTR) は公式サイトから購入できる。

熱心なコミュニティと900億ドル市場を武器に

MemeInatorはコミュニティ中心のアプローチをマーケティング戦略の核に据え、それが今のプレセール最終段階に至るブランド力の原動力になったことは間違いない。

同プロジェクトは、AMA、コンテスト、アンケート等を通じてコミュニティを意思決定プロセスに巻き込んできた。その結果、主要SNSで16万人以上のフォロワーを抱え、公式サイトによれば1500万人以上に到達したという。

コミュニティはMMTRトークンの四半期ごとの償却開始時期など、主要な意思決定に関与してきた。昨年12月には約1億3000万トークンが焼却された。これはMemeinatorの非膨張性のトークノミクスへのコミットメントを体現し、チームはその直後にプレセール購入が急増したと分析している。

この勢いに拍車をかけているのが、2028年にはすでに380億ドル市場に達すると予測されている急成長中のGameFi業界だ。Memeinatorの「Meme Warfare」ゲームがこの業界に適合すれば、世界中の暗号ゲーマーユーザーベースを開拓できるかもしれない。

絶好のタイミングでの資金調達ラッシュ

GameFiを除いても、より広範な暗号市場が過熱状態にあり、Memeinatorが飛躍する絶好のチャンスが到来している。コインテレグラフによれば、暗号市場の相場サイクルは昨年から始まり、2024年に予想されていた主な要因、つまりビットコインの半減期を織り込んでいた。

Memeinatorの計画されている公開取引時期はこの強気相場の真っ只中に当たり、MMTRはこの流れに乗ろうとしている。

チームは、公開取引への移行前の現在のステージ19/20で、Memeinatorを固定価格の0.0276ドルで購入する投資家が増えることを期待している。

投資に興味がある人は公式サイトでMMTRを購入できる。

Memeinatorについて

Memeinatorは、実用性のない無数の使い捨てミームコインへの対抗馬だ。非膨張性トークン、熱心なコミュニティ、巧みに作られたNFTコレクション、AI対応ビデオゲームなど、本物のイノベーションを提供し、単なる期待値に過ぎない。ミームコインに打ち勝つことが目的で、その過程でMMTRコインの売買やステークを通じてコミュニティに価値を還元し、時価総額10億ドルを目指す。

MemeInator(MMTR)の詳細は公式ウェブサイトを参照

ウェブサイト | ホワイトペーパー | 公式SNS

連絡先

Memeinatorチーム
[email protected]


Press Released Article

※本記事はプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ニュース/解説記事

Enable Notifications OK No thanks