韓国サムスン電子、NFT対応の新作テレビを2023年上半期に発売
   公開日 : 2022/12/22

韓国サムスン電子、NFT対応の新作テレビを2023年上半期に発売

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

韓国サムスン電子がNFTの展示・取引が行えるテレビを2023年上半期に発売します。

米Nifty Gateway、仏laCollection、韓Art Tokenの3社が手掛ける3つのNFT取引アプリが搭載予定の新作テレビでは、テレビ上でNFT取引や展示が可能に。決済では仮想通貨など様々な手段が検討されているとしています。

サムスン電子は、来年1月5日に米ラスベガスで開催される情報技術博覧会「CES」で、85インチ8K大型テレビで実際のNFT取引の様子を実演予定。

業界関係者は「サムスンのテレビは巨大なルームギャラリー兼デジタル額縁であり、芸術品取引のツールになる」とコメントしています。

今年2022年上半期の世界テレビ市場でのサムスン電子のシェアは売上高ベースで31.5%、販売台数ベースで21.0%でトップを占めました。

今回発売が発表されたNFT取引アプリは、サムスン電子が提供する最新のスマートテレビの利用者もアプリをダウンロードすれば利用可能。NFTアーティストは、サムスン電子が抱える大量の顧客へのアプローチが可能となることが見込まれます。

今年9月、韓国LGエレクトロニクス社もテレビでNFTの閲覧や取引が行えるNFTプラットフォーム「LG Art Lab」をローンチするなど、韓国大手電子メーカーによる「テレビ × NFT」の施策が広がっています。

記事ソース:韓国日報

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事