クリエイターコミッションサービス「Skeb」発行のSkeb Coinが9月8日にOKXへ上場 | 2000万 $SKEB のエアドロップ実施へ
   公開日 : 2022/09/07

クリエイターコミッションサービス「Skeb」発行のSkeb Coinが9月8日にOKXへ上場 | 2000万 $SKEB のエアドロップ実施へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

イラスト・音声データプラットフォームSkebの$SKEB/Skeb Coinが2022年9月8日にOKXへ上場することが発表されました。

上場に際してSkebとOKXアカウントを連携したクリエイターとクライアントを対象に2000万枚の$SKEBがエアドロップが実施され、Zaifでのエアドロップ申込者は二重での受け取りが可能となります。

エアドロップの受け取りに関して、2022年6月9日23時59分までに作品を納品済みで、警告を受けていないリクエストを対象に下記の方法でスコアが計算され、配布量が決定します。

– 計算式 –

  • 受信したリクエストの総金額 * 0.3 + 送信したリクエストの総金額 * 0.7
  • 期限までにOKXのSkeb Coinの受け取り設定をしたユーザーのスコアを合算し、総スコアを算出
  • 2,000万枚のSkeb Coinを総スコアで割り、1スコアあたりのSkeb Coin配布レートを算出  *Skeb Coin配布レートはZaifとOKXで異なる
  • スコアをSkeb Coin配布レートで掛け、Skeb Coinの受取予定枚数が確定

受け取りの方法は、9月7日23:59までにSkebアカウント設定の「OKXと連携する」を選択し、OKXアカウントのUIDを入力を行うことで可能となります。

Skeb = コミュニケーションレスのコミッション・プラットフォーム

Skebは、クリエイターとクライアントを繋ぐコミニケーションレスのコミッション・プラットフォームです。

Skebを利用すると、クライアントは言語の壁を越えて比較的安価にイラストや音声データ制作の依頼が、クリエイターはリクエストに応じて自身のアウトプットにより報酬を得ることができます。

依頼分以外のコミュニケーションをすべて禁止する「コミュニケーションレス」を徹底することで、クリエイターは簡単かつスピーディに作品の納品が可能となる点が大きな特徴の1つ。Skebは2018年11月のサービス開始以来、

  • クリエイター登録者数:11万人
  • 総登録者数:220万人
  • 月間取引高:4.6億円

といった数字を記録しています。

Skebが発行する$SKEB/Skeb Coinは、Skebのプラットフォームや既存SNS上でのクリエイターに対する投げ銭機能での決済手段として活用され、株式会社カイカエクスチェンジが提供する決済サービス「Zaif Payment」の決済可能資産にも追加される予定です。

月間取引高4.6億円のSkebの今後の動向に注目が集まります。

– Skeb 公式リンク – 

記事ソース:American ExpressMedium

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事