スターバックスのNFTプロジェクト「スターバックス オデッセイ」始動
   公開日 : 2022/09/13

スターバックスのNFTプロジェクト「スターバックス オデッセイ」始動

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

コーヒーチェーン大手スターバックスがPolygonと協力し構築したWeb3エクスペリエンス「スターバックス・オデッセイ」を発表しました。

スターバックス・オデッセイは、ビバレッジやフードを買うたびにスターが集まるプログラム『スターバックス リワード』のメンバーとスターバックス従業員(米国)を対象にしたWeb3プロジェクトで、対象ユーザーはデジタルスタンプ(NFT)の獲得や購入が可能となります。

リワード会員はサイトログイン後「ジャーニー」と呼ばれるコーヒーやスターバックスに関するゲームやチャレンジを完了することでデジタルスタンプNFTが獲得可能。NFTはウェブアプリに組み込まれたマーケットプレイス上でクレジットカードにて購入できます。

NFTにはレアリティに応じたポイントが付与されており、会員限定のマーケットプレイス内での売買が可能で、NFTを集めることでメンバーポイントが増加。

  • バーチャルなエスプレッソマティーニ作り教室
  • ユニークな商品やアーティストとのコラボレーションへのアクセス
  • スターバックス リザーブ ロースターの限定イベントへの招待
  • コスタリカのスターバックス ハシエンダ アルサシア コーヒー農園への旅行 など

といった上記特典がポイントに応じて付与されます。

Polygonの共同設立者サンディープ・ネイルウォール氏とスターバックス EVP兼マーケティングチーフのブレイディ・ブリューワー氏はそれぞれ下記コメントを出しました。

Polygon ネイルウォール氏

“「両社とも多様性、アクセシビリティ、サステナビリティを非常に重視しており、Polygonはスターバックスにとって自然な選択と言えるでしょう。ポリゴンは、人とテクノロジーがグローバルかつ自由にコラボレーションし、価値を交換することを可能にするインフラストラクチャのリーディングカンパニーとして、スターバックスのWeb3への参入に理想的な環境を提供します。」”

スターバックス ブリューワー氏

“「スターバックスは、家庭と職場の間にある、コーヒーを通じた温かいつながり、コミュニティ、帰属意識を感じられる場所、サードプレイスとしての役割を常に担ってきました。スターバックス オデッセイは、このサードプレイスとのつながりをデジタルの世界にも広げていきます。

Web3 技術を活用することで、会員はこれまで不可能であった体験や所有権にアクセスすることが可能になります。Starbucks Odyssey は、Starbucks Rewards の会員が愛するようになった基本的な特典を超越し、スターバックス独自のデジタル、物理的、体験的な特典を開放します」”

– 引用元:Starbucks

スターバックス・オデッセイは今年後半に開始を予定されており、現在対象メンバー向けにWaitlistサイトが公開中です。

今回スターバックスと協力しブロックチェーン技術の提供を行なったPolygonですが、先日コカ・コーラのNFTプロジェクトも同チェーン上で発行されています。

記事ソース:StarbucksPolygon

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事