2016年にBitfinexから盗み出された資産の一部が別アドレスに移される
   公開日 : 2019/06/09

2016年にBitfinexから盗み出された資産の一部が別アドレスに移される

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

2016年に暗号資産取引所・Bitfinexから盗み出されたビットコイン(BTC)の一部が、今月7日に複数ハッカーのウォレットからそれぞれ別のアドレスへと移されたことがWhale Alertツイートからわかりました。

ハッカーが6回に渡って動かした資産は合計185BTC(約16億円)となっており、それぞれ別のアドレスから送金されています。

今回動きが見られた185BTCは合計盗難額の120,000BTC(約1025億円)のほんの一部に過ぎません。また、このうち現時点でBitfinexが回収に成功したのは28BTCのみとなっています。

Whale Alertが検知したトランザクションの一部

Bitfinexは16年のハッキング被害額だけでなく、クリプトキャピタル社を巡る「テザー問題」の凍結資金回収にも追われています。

同社は先日発行した取引所トークン「LEO」は、これらの損失から回収した資産と自社収益の一部で買い戻されることにもなっています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事