ジャスティン・サン氏とウォーレン・バフェット氏のランチにeToroのCEOが参加決定
   公開日 : 2019/07/23

ジャスティン・サン氏とウォーレン・バフェット氏のランチにeToroのCEOが参加決定

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

TRONの創業者兼CEOのジャスティン・サン氏は今月22日、eToroのCEO Yoni Assia氏をウォーレン・バフェット氏とのランチにゲストとして招待しました。当ランチへの参加者はサン氏を除いて現在4名となっています。


サン氏はバフェット氏とのランチ権を過去最高額の457万ドル(約4億9200万円)で落札しており、現段階ではBinance CharityのトップであるHelen Hai氏、CircleのCEO Jeremy Allaire氏、Litecoinの創始者Charlie Lee氏がすでにゲストとして招待されていました。

Assia氏はサン氏のTwitter上での呼びかけにわずか7分で反応し、ランチへの参加を快諾しました。同氏は従来の金融業界と新たな金融業界を繋ぐ大きな一歩になるだろうと期待を寄せています。

サン氏はサンフランシスコにあるミシュラン三つ星のクインス(Quince)というレストランを会場に選んでおり、レストラン側もバフェット氏の好物のチェリーコーラをメニューに追加するとしています。

ランチには最大7名のゲストを呼べるようになっており、サン氏はこれから他の参加者をアナウンスするとしています。

記事ソース: BTC Wires, Twitter

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事