スイスのツーク州がビットコインとイーサリアムによる納税の受付を開始
   公開日 : 2021/02/19

スイスのツーク州がビットコインとイーサリアムによる納税の受付を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

スイスのツーク州が、納税のためのビットコイン (BTC) とイーサリアム (ETH) の受けつけを開始しました。

ツーク州は去年の9月に発表を行い、この取り組みのためにBitcoin Suisseと提携し、同社が暗号資産を法定通貨であるスイスフランに両替する仕組みです。

居住者は納税にあたりQRコードをスキャンし、任意の暗号資産ウォレットから料金を支払います。このような支払いの上限は10万スイスフラン(約1100万円)です。

ツーク州は2016年から納税のためにBitcoin Suisseと提携してビットコインを受け入れており、ツェルマットやキアッソも少額納税のために暗号資産をサポートしています。

記事ソース:The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事