大手ショッピングサイトの淘宝網(タオバオ)がICO関連のサービス禁止へ
   公開日 : 2018/04/12

大手ショッピングサイトの淘宝網(タオバオ)がICO関連のサービス禁止へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!
1.小売世界最大のアリババ傘下のタオバオがICO関連のサービスを禁止へ
2.タオバオでは以前から仮想通貨に対して厳しい姿勢
3.今年の中国は仮想通貨市場にどのような影響を及ぼすのか

引用元:Cointelegraph

今月10日、小売業で世界最大級の規模を誇るアリババグループの参加であるショッピングサイト、淘宝網(タオバオ)がICO関連のサービスの提供を一切禁止すると発表しました

タオバオでは以前からマイニングマシンやビットコインなど仮想通貨関連のサービスや商品を禁止していましたが、今回の規約変更によりICOに関連するサービスも禁止となります。

利用規約に2つの項目が追加

新しい規約は今月17日から適用される見込みで、「ICOについての明確な定義」「ブロックチェーンによって生成されたデジタル製品の管理の強化」の二点が追加されます。これらの変更によって利用者をICOを悪用した詐欺から保護する狙いがあります。

タオバオは利用者に対しても、「仮想通貨およびICO関連のサービスは非常にリスクが高く、利用しないように」と呼びかけています。

仮想通貨に関しては厳しい姿勢を貫いており、マーケットに多大な影響を及ぼした中国ですが、今年はどう出てくるのかが注目されます。

kaz
世界的に大手企業が仮想通貨関連のサービスを禁止するというネガティブなトレンド、早く終わって欲しいですね。
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事