タイ証券取引委員会が今月申請された50のICOのうち5つを承認へ
   公開日 : 2018/06/15

タイ証券取引委員会が今月申請された50のICOのうち5つを承認へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

この記事の3つのポイント!1.タイ証券取引委員会は今月申請された50のICOのうち、5つを承認へ
2.承認の基準として、簡単に審査可能な点と商業的属性を持ち合わせている必要があるとコメント
3.法改正によりタイでは今後仮想通貨およびICOが普及していくと見られている

記事ソース:Bangkok Post

タイの証券取引委員会(SEC)は今月5つのICOを承認する見通しであると現地メディアのBangkok Postによって報じられた。

SECは今月申請があった50のICOのうち、基準を満たし、準備ができていると思われる5件を承認し、資金調達のフェーズへと進めさせるとしています。SECのコーポレートファイナンスディレクターを担当するThawatchai Kiatkwankul氏は今回承認された5つのICOに対して詳細は公開しませんでした。

一方でSECはICOが承認されやすくなるような条件を一部公開しており、同氏は以下のようにコメントしています。

 

「簡単に審査することができ、なおかつ商業的な特性を持ち合わせたプロジェクトは資金調達へと進むことが検討される。」

タイのSECは国内市場からのICOに対する需要増加に備えてICOの登録および審査を担当する部署の拡充を検討しています。これは5月14日から施行されているタイの仮想通貨に関する法改正による影響によるもので、今後国内での取引所やICOの申請件数は増加していくと見られています。

同局はICOでの資金調達に用いられる仮想通貨としてビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ステラー(XLM)の7種類を許可するとしています。

kaz
法改正後、これからタイ国内で仮想通貨の時代が来そうですね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事