【物件数15,000件以上】タイ不動産会社が暗号通貨支払いに対応
   公開日 : 2021/11/12

【物件数15,000件以上】タイ不動産会社が暗号通貨支払いに対応

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

タイの不動産会社サイアム・リアル・エステートがタイの暗号通貨取引所Bitkubとの提携を発表しました。これにより、同社が抱える住宅、別荘、コンドミニアム、土地、賃貸物件の支払いを暗号通貨で行うことが可能となります。

サイアム・リアル・エステート社は、プーケット、バンコク、パタヤ、チェンマイ等で15,000以上の物件情報を提供しており、ユーザーはBitkubの取引所アカウントを介すことでこれらの物件の支払いを暗号通貨で行えます。

HPの様子 | 画像引用元:https://www.siamrealestate.com/

BitkubのCEOを務めるAtthakrit Chimplapibul氏は今回の件に関して下記のコメントを残しています。

“「Bitkubがサイアム・リアル・エステートとコラボレーションすることで、すべての顧客にとってデジタルの世界に入ることに一歩近づきました。暗号通貨での不動産取引は、取引に数分しかかからず、手数料もごくわずかなため、顧客と企業の両方にとってアクセス性が向上します。サイアム・リアル・エステートには多様な選択肢があり、すべてのお客様が最高の商品とサービスの恩恵を受けることができます。(一部省略) -引用元:siamrealestate.com」”

BitkubのHP | 画像引用元:https://www.bitkub.com/

50種類の暗号通貨を取り扱っているBitkubは、外国人でもパスポートなどを用いた本人確認を行うことで利用可能な取引所です。

先日、マスターカード社はBitkubを含むアジア圏3社との提携を発表し、ユーザーが暗号通貨を各国の法定通貨に変換・使用が可能なカードを発行予定としています。

タイ国内では暗号通貨に関する取り組みが進んでおり、先日タイ大手銀行のカシコン銀行は、法定通貨でNFTの購入が可能なNFTマーケットプレイス「Coral」を年末までにリリース予定と発表しています。

記事ソース:siamrealestate.commastercard.com

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事