タイの銀行がRipple Railsを用いた決済アプリを開発中
   公開日 : 2020/03/28

タイの銀行がRipple Railsを用いた決済アプリを開発中

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

タイに位置するSiam Commercial Bank (SCB)が、Ripple Railsの決済システムを用いた決済用アプリを開発していることが明らかになりました。

このアプリは、主に観光客を対象としていて、通貨の両替を行うことなく商品を購入することができるメリットがあります。また、支払いにはQRコードが使用される予定です。

SCBのシニアバイスプレジデントのArthit Sriumporn氏は、「観光客はQRコードをスキャンするだけで直ちに決済を行うことができ、交換レートや現地通貨の持ち運びなどの問題が解決される。これは観光客の視点を一変させ、生活をより良くするあらたな物だ」とコメントしています。

SCBは今年1月、リップルを利用したクロスボーダー決済アプリSCB Easyをリリースしています。

記事ソース:The Daily Hodl

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事