【イベントレポート】Tokyo Blockchain Contents Conference 2020 ~ アート業界におけるNFT活用
   公開日 : 2020/11/25

【イベントレポート】Tokyo Blockchain Contents Conference 2020 ~ アート業界におけるNFT活用

Suzuki

Suzuki

バスケと音楽が好きなライターです。ブロックチェーンや仮想通貨について勉強しています。よろしくお願いします。

ct analysis

こちらの記事は、2020年10月23日に開催されたTokyo Blockchain Contents Conference 2020 (例年はTokyo Blockchain Game Conference 2020)の中のアート業界におけるNFT活用に関するディスカッションのレポートです。

今回のディスカッションはミスビットコインの司会のもと、アメリカの人気DJである3LAUをはじめ、ブロックチェーン上でアートの売買を行うSuperRareのCEO、John Crainなどの特別ゲストを交えたセッションでした。

豪華メンバーを交えたセッションではアーティストによるNFTの活用方法や、NFTによって可能になるアーティストとファンの新たな関わり方などについて話し合いました。

登壇者

ミスビットコイン(藤本真衣)

ブロックチェーン業界に10年ほど関わっており、Double jump、Animoca、Aniqueのアドバイザーを務めている。

綾斗優

10年ほどビジュアルプログラム業界で働いたのち、暗号資産業界へ。2006年からメディアアーティストとして活動しPremiumJapanProject合同会社・代表の代表を務めている。

John Crain

SuperRareの創始者でありCEO。暗号資産に携わる前はクリエイティブテクノロジーと広告業界で働いていた。また、​ジェ ネレーティブ​アーテイストとしても活動しており、アートと暗号資産を融合する仕事をしている。

SuperRareには553人のアーティストがいて、1500点近くのアートが展示されている。

Justin(3LAU)

世界的に有名なアメリカ人 DJ、そしてエレクトリックダンスミュージックプロデューサーとしても活動している。ブロックチェーン業界には6年程携わっており、音楽とアートの新しいショーケースとしてNFTは1年ほど関わってい る。

Steve Lee

Block Tower Capitalに務めており、2017年から暗号資産業界に携わる。以前はポートフォリオマネージャー兼投資家として8年間ほどゴールドマン・サックスで働いていた。

Tokyo Blockchain Contents Conference 2020

Super Rareの優れた点や可能性

セッションはトークン化されたデジタルアートワークピースの売買を行うことができるプラットフォームSuper Rareについての談議から始まりました。

Super Rareではレベルの高いアーティストが揃っていることが特徴となっていますが、アーティストのリクルート、アーティストからSuper Rareの利用を始める両方により使われるプラットフォームとなっています。

現在では、Super Rareを用いることは、コロナウイルスの影響でイベントが開催できなくなったアーティストたちの新たな収入を作ることができるので、時代のニーズを捉えたサービスになっています。

その中の特徴として、グラミー賞受賞アーティストである、RACがSuperRareで初めてNFTを使って売り出した際に26,000ドルの値段がつくなどの盛り上がりを見せています。

また、アーティストがいつアートを展示するか自分で決められることもサービスを利用したアーティストから評価されていることも特徴としてあげられています。

実際にプラットフォームを利用したJustin氏は、他のプラットフォームと比べて優れている点として、アートの質、収益のスムーズな支払い、そして運営とアーティストのコミュニケーションを上げました。

Justin氏によると、Super Rareは「僕のアート作品をプラットフォーム上で展示する時に、他のアー ティストの作品の質も高くあって欲しい」というアーティストの想いに応えるプラットフォームになっているようです。また、技術面に関しては「アーティストが値段に合意し、取引が成立したらすぐにイーサリアムが支払われる。スマートコントラクトシス テムは透明性があるし(安心だ)」とコメントしています。

NFTから生まれる価値とは

Super Rareについての議論の後、Steve氏が「どうして人々はNFTを持ちたがるのか。(NFTを用いることで、)既存のビジュアルアートや、ダウンロードできるビジュアルデジタルミュージックとは別の、どんな新しいものを提供 できるのか。」と問いかけました。

それに対し、Justin氏は過去にSteve氏をバックステージに招待したことを話し、NFTを保有するユーザーに対しこのようにショーのバックステージに招待するサービスを作ろうと考えていることを明かしました。

また、「アーティストにどのぐらい好きだとか尊敬しているかを伝えられる事(がNFTの利点である)。既存のアーティストへの貢献方法はグッズの購入やコンサートの参加だけど、それではアーティストへはそれほどお金が入ってこない。実際、僕のNFTを買った人のTwitterをフォローしてるんだ。NFTのすごいところは、 もっと強くて近い絆をファンとアーティストの間に構築できる事だね。」と新たなアーティストとファンの関わり方の可能性について指摘しました。

日本でもUltraのような音楽カンファレンスがたくさん存在しており、その中で珍しいNFTを使っていきたいことも明かしていきました。

今後の展望について

今後の活動予定について、John氏は「改良されたオークションシステムをローンチするんだ。それと、EUXとかを使って面白いディスプレイソリューションを作ることもしているよ。家でもアートを楽しめるようになったら素敵だろう。」と答えています。

またJustin氏もディスプレイにアートを表示させていると明かしました。また、今後の活動については「ミュージックビデオを作っていると思う。簡単に言うと、ある新しいテクノロジーがあって、レーザーを照射してデジタルアートを壁にディスプレイで きるんだ。僕のアートをプログラムして、レーザーで君の家の壁一面に照射できるわ け。」と新たな取り組みについて語りました。

最後に

今回のカンファレンスはNFTを用いた新たなアート業界について学ぶとてもいい機会となりました。

日本ではNFTのユースケースとしてはゲームが主流になっていますが、アーティストたちはゲーム業界以外にもNFTを取り入れることができると主張していました。

日本ではまだ馴染みのないアート業界におけるNFTの活用事例について、読者の皆さんも興味を持っていただけたら嬉しいです。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事