ユニセフ・フランスが仮想通貨による寄付の受付を開始
   公開日 : 2018/09/26

ユニセフ・フランスが仮想通貨による寄付の受付を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

国際連合児童基金(ユニセフ/UNICEF)のフランス支部は19日、仮想通貨による寄付の受付を開始したことをホームページで発表しました。

寄付できる通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)、モネロ(XMR)、イオス(EOS)、ステラ(XLM)の計9種類となっています。


ユニセフ・フランスは、今年2月にも「Game Chaingers(ゲームチェーンジャ―ズ)」という、シリアの内戦で傷ついた子供たちを支援する資金を得るために、ゲーミングPCのグラフィックボードを使って仮想通貨をマイニングするという取り組みを成功させています。

ユニセフ・フランスのセバスチャン・リヨン氏は、「仮想通貨とブロックチェーン技術は、子供を支援するチャリティー活動に新たな機会を提供する」としており、今回の取り組みに期待を寄せています。

記事ソース:L’UNICEF FRANCE COLLECTE MAINTENANT DES DONS EN CRYPTO-MONNAIE

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事