Binance(バイナンス)がシンガポール国営のベンチャーキャピタルVertexから投資を受ける
   公開日 : 2018/10/26

Binance(バイナンス)がシンガポール国営のベンチャーキャピタルVertexから投資を受ける

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

シンガポールのベンチャーキャピタルVertex(バーテックス) Venture Holdingsが、世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に投資をしたと発表しました。

Vertex Venture Holdingsはシンガポール政府が所有する投資会社Temasek Holdings(テマセク・ホールディングス)の子会社で、中国やイスラエル、シリコンバレーなどに拠点を構える国際的なベンチャーキャピタルです。

今回の投資はVertex ChinaとVertex Southeast Asia and Indiaとの共同出資で、シンガポールや東南ナジア地域の仮想通貨取引所の開設を支援する目的です。

Binance CFOのWei Zhou氏は、東南アジア市場に参入する計画について次のように語りました。


シンガポールにおけるBinanceの事業はKYC(Know-Your-Customer)およびAML(アンチ・マネーロンダリング)に準拠しています。

ブロックチェーンエコシステムを構築し、シンガポールのフィンテックをサポートできることを楽しみにしています。

先月、Binance CEOのChangpeng Zhao氏は、法定通貨建て取引が可能なBinance Singaporeを数ヶ月以内に稼働する計画だと明かしており、シンガポールで法定通貨建て取引のクローズドテストを行っていました。

記事ソース:Binance Scores Funding From Venture Arm of Singapore’s Sovereign Fund

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事