世界最大のスーパーマーケット企業のウォルマートが仮想通貨を利用した電力ネットワーク採用へ
   公開日 : 2018/06/16

世界最大のスーパーマーケット企業のウォルマートが仮想通貨を利用した電力ネットワーク採用へ

ユッシ

Crypto Times ライター (2018~)

ブロックチェーン技術搭載の電力供給ネットワーク

アメリカのスーパーマーケット企業のウォルマートが仮想通貨を利用した電力供給ネットワークの特許を取得したことが分かりました。

BTC(ビットコイン)などでエネルギーを購入できるこのシステムにはブロックチェーン技術が用いられており、このシステムを利用することによって企業のエネルギー管理の改善が可能のようです。

公開された書類によると、このシステムでは「電力の数値と「仮想通貨の単位を同一化することで余った電力を販売することが可能のようです。

このネットワークは個人と企業の両者をターゲットとしていることもあり、月末に余った電力を個人が企業に販売するケースなどが考えられます。

ウォルマートは過去にも、ブロックチェーン技術をサプライチェーンに統合するための特許を出願してきた過去があります。

ウォルマート売上高が世界最大のアメリカの大企業。約45兆円の売上を誇る。商品管理システムにブロックチェーン技術を組み込む試みなどもしておりブロックチェーン並びに仮想通貨に対して積極的。

記事ソース元:US PATENT&TRADEMARK OFFICE

ゆっし
電力と仮想通貨は日本でも似たようなサービスがあったよね。ウォルマートがこのサービスを採用するとなると一気に世界に広まる可能性があるね。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事