富裕層の56%が仮想通貨投資を検討しているとする調査結果が発表される
   公開日 : 2018/06/20

富裕層の56%が仮想通貨投資を検討しているとする調査結果が発表される

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis
この記事の3つのポイント!
1.富裕層の過半数が仮想通貨投資に関心を示しているという調査結果が発表される
2.仮想通貨への関心と年齢には負の相関関係があり、年齢が上がるほど関心は薄れる
3.一方で資産管理を請け負う企業の多くが未だに仮想通貨投資を採用していないという状況

記事ソース:The World Wealth Report 2018

Capgeminiが実施した調査によると富裕層の大半が仮想通貨投資を検討しているということが明らかになりました。

富裕層の過半数が仮想通貨投資に関心を抱いているという結果に

Capgeminiはテクノロジーやアウトソーシングに特化したコンサルティングを提供するフランスの企業です。同社は今週火曜日にThe World Wealth Report 2018(WWR)を公開しました。このレポートによると、不動産や債権などを除いて100万ドル以上(約1.1億円)の資産を持つ富裕層の資産は合計で70兆ドル(約7700兆円)を超えたとされています。

今回の調査の対象となったのはアメリカや南アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど19の国と地域に住んでいる2600人です。彼らは仮想通貨投資に対する興味を募らせてはいるものの、今年頭に相場がピークを迎えたことを受け、慎重な姿勢を示しています。

調査結果によると、調査に参加した富裕層のうち、29%が高い関心を示しており、26.9%が仮想通貨のリターンや価値の保存と言った側面に何らかの関心を持っているという結果になりました。

また、富裕層の仮想通貨に対する関心と年齢には負の相関関係があるということもわかりました。40歳以下の富裕層のうち71.1%が資産管理者から情報を受け取る必要性を感じている一方で60歳以上だとその割合は13%にとどまりました。

資産管理を請け負う企業の多くは未だに仮想通貨投資を採用していません。調査対象になった富裕層のうち34.6%が仮想通貨に関する何らかの情報を資産管理者から受け取ったという結果がそれを物語っています。

kaz
僕が富裕層だったら仮想通貨ETFにつぎ込みたい

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事