ファーミングプロジェクトAPY.Financeが流動性マイニングをローンチ
   公開日 : 2020/10/02

ファーミングプロジェクトAPY.Financeが流動性マイニングをローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

イールドファーミングを効率的に行うことができるプロジェクトAPY.Financeが流動性マイニングをローンチしました。

ユーザーは10月1日からステーブルコイン(DAI、USDC、USDT) をAPY.Financeのリクイディティコントラクトへデポジットすることができます。

また、流動性マイニングに対する報酬プログラムも開始し、デポジットの対価としてAPTトークンを受け取ることができます。APTを保有することで、ユーザーは自動的にガバナンストークンであるAPYトークンをマイニングすることができます。

APY.Financeは今年中にアルファ版をローンチし、APYトークンのマイニングと同時にイールドファーミングを可能にする予定です。

APY.Financeを用いることにより、ユーザーは自身の流動性(資産)をAPY.Financeに預けることで、APY.Financeによる自動的で効率的な資産の配分によるイールドファーミングを行うことができます。

記事ソース:APY.Finance

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事